プラセンタプラセンタ

最近注目のプラセンタのことをお届けしています。プラセンタに興味がある人向けに、基礎的な事から紹介しているウェブサイトです。

プラセンタの原料は羊の胎盤

プラセンタ

プラセンタは美容に最適なサプリメントとして人気がありますが、何が減量でプラセンタができているのでしょう。
プラセンタは抗酸化作用があり、新陳代謝を活発にしてアンチエイジングによいと言われています。
プラセンタは英語で胎盤という意味であり、サプリメントの原料には動物の胎盤が使われています。
必要な成分を胎盤から抽出したものが、サプリメントなどに利用されているプラセンタだということになります。
今までは馬や豚の胎盤がよく使われていましたが、最近は羊の胎盤を原料にしたプラセンタが注目されています。
ほとんど病気にかからない動物である羊はとても丈夫です。
プラセンタの原料としてとても優秀で、がんやエイズにかからない免疫力もあるといいます。
中国でも、羊の胎盤を羊胎と呼び、漢方薬の原料として昔から使っていました。
羊のアミノ酸の組成は人間に近いことから、細胞のドナーとしても適した動物です。
可能性として、羊はスクレイピーという病気にかかることがあるといいます。
今まで日本では羊を原料にしたプラセンタがつくられていませんでした。
スクレイピーにプラセンタの原料である羊を感染なせないためには、ワクチンや薬剤などを使用せずに、徹底した衛生管理のもとで、清潔な食事を与えて羊を育てることが不可欠だといえます。

プラセンタには馬の胎盤が原料に使用されている

プラセンタ

動物の胎盤がプラセンタの原料ですが、品質はどの動物を利用しているかによって異なります。
どの原料が優れており、どの原料が劣っているというものは今のところはないようです。
今ではプラセンタの材料は馬の胎盤か豚の胎盤です。
病気へのかかりやすさなどから、他にも牛や羊の胎盤からもプラセンタは作られるとはいえ、一般的なのは馬と豚だといいます。
馬の胎盤から抽出したプラセンタの特徴は、アミノ酸が豊富なことです。
豚のプラセンタの300倍にもなるアミノ酸を馬のプラセンタは含んでいるともいい、プラセンタの栄養の元のなっているのがアミノ酸です。
馬のプラセンタには、豚には入っていな6種類の必須アミノ酸が入っているといいます。
馬の妊娠期間が11カ月で、豚の妊娠期間の3倍に当たるからだと言われています。
馬の中でも、サラブレッドのプラセンタは原料としてとても優秀です。
育てるためにはかなりの技術が不可欠な馬であるサラブレッドは、血統が厳重に統制されています。
数が限られてしまうのが、1年間に取れるサラブレッドの胎盤です。
馬のプラセンタは、豚プラセンタと比較するとどうしても高額になりがちです。
馬の胎盤を原料にしたものをプラセンタのサプリメントを選ぶ時は、金額の面では懸念があるとはいえ考えてみると良いでしょう。

豚の胎盤を原料に使ったプラセンタについて

馬や豚の胎盤を原料にしているのが、美容やアンチエイジングに使われるプラセンタです。
かつてはヒトの胎盤や牛の胎盤を原料にしていました。
ヒトはエイズの感染問題が、牛は狂牛病問題が発生したために、現在は馬や豚を主として用いています。
なんでも豚の胎盤であれば豚のプラセンタの原料になるというものではないようです。
プラセンタの原料に使う豚は、SPF豚という特別な豚を使います。
認定をSPF豚農場認定委員会によってされた農場で生産されたのが、SPF豚というものです。
厳しく管理された衛生基準、飼育基準に沿って、清潔な環境下で育まれた豚です。
1カ所にたくさんの豚を集めて飼育するのが一般的です。
伝染病が広がるリスクが高く、病気を予防するために抗生物質やワクチンなどの薬剤もたくさん使われています。
プラセンタ用のSPF豚は環境に配慮して飼育されるため、抗生物質を使わずとも病気にかからない、いわば衛生的な豚です。
SPF豚専用の飼料が利用されており、農場への立ち入りは部外者の場合禁止されているそうです。
専用の作業着を着てシャワーを浴びてから作業をするなどの徹底した基準が設けられています。
なんの不安もなく、プラセンタの原料に利用できる豚の胎盤を取ることができるでしょう。

プラセンタの効果とサプリメント

サプリメントで、プラセンタを摂取するという女性が増加しています。
プラセンタは美容に良いと言われていますが、果たしてどんな物質のことを指すのでしょう。
プラセンタは人間などの哺乳類が妊中に体内に作る胎盤のことです。
お腹に宿った赤ちゃんは、胎盤でお母さんの体と仕切られ、栄養や老廃物のやり取りをします。
プラセンタはこの胎盤のことです。
プラセンタの効果は真皮にコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンの生産の促進するというものです。
肌に弾力やハリを与え、みずみずしさを保ちます。
しわやたるみ、毛穴の開きなどの改善をすることができます。
サプリメントでプラセンタを摂取することで、健康にも良い影響があるといいます。
身体疾患を予防する効果や、体調を損ねたり、疲労が蓄積した時にそれらを治す作用もあるようです。
心の健康にも効果があるようで、精神を安定させうつなどの心の病気にも有効だといわれています。
体に必要な五大栄養素のほか、核酸やアミノ酸、成長因子などがプラセンタサプリメントから摂取できます。
とくに成長因子はプラセンタの特徴的なもので、細胞の増殖や分裂を活発化して新陳代謝を促進します。
細胞レベルから肌や身体を若返らせるために重要な成分だといえます。
成長因子が含まれているので、プラセンタサプリメントが心身の健康に役立つのです。

プラセンタのサプリメントの選び方

プラセンタサプリメントは体によい効果があると言われています。
プラセンタサプリメントを選択する際の着眼点は何があるのでしょう。
サプリメント選びで大事なことは、良質なプラセンタからサプリメントをつくることです。
プラセンタのサプリメントは品質によって効果にかなりの差が出るものです。
原材料として使われているプラセンタ自体がいいものであれば良いサプリメントになりえますが、逆になっては目も当てられません。
プラセンタサプリメントを選ぶときにはまず原材料をチェックしましょう。
原料には豚や牛、羊などが多いようですが原料の種類よりも衛生的な環境で管理して育てられていることが大切になってきます。
胎盤に含まれるプラセンタの成分をできるだけ残して、サプリメントという形に加工しているかも大事ですので、製造手段にも注目しましょう。
質のいいプラセンタから作られたサプリメントを購入したいという場合は、酵素分解法を用いて製造されたプラセンタがおすすめです。
プラセンタのエキスが原液か原末かということもチェックしたほうが良いでしょう。
プラセンタは、まず胎盤からエキスの原液を作ります。
その原液を乾かして原末を作るわけです。
原液のほうが吸収力に優れており効果を発揮しますが、原末のほうがたくさんのプラセンタを摂取するこが可能です。
このようにプラセンタサプリメントを選ぶ場合にはさまざまなことを調べておくことが大切です。

プラセンタサプリメントの飲み方

どのような扱い方でサプリメントを飲むことで、プラセンタの利点を得やすくなるのでしょう。
サプリメントを飲む上で、気をつけておきたいことはどういったことでしょう。
プラセンタのサプリメントは少量でも効果を発揮しますが、摂取量が多いほど高い効果を得られるのも事実です。
多く摂取すればするほどいいというわけではなく、最もいい摂取量は、個人差があると言われています。
とくに危険はありませんが、万が一かゆみなどの症状が出た場合には摂取する量を調整しましょう。
妊娠中や授乳中でも飲めますし、ほかのサプリメントなどと一緒に飲んでも大丈夫です。
サプリメントは使い始めてすぐに変化が起きるわけではありませんので、長く使うつもりでまずは三カ月ほど飲み続けます。
最初は多めに、効果が現れるようになったら少し減らしてという方法も有効です。
プラセンタのサプリメントは胃を荒らす心配はありませんので、消化吸収の良い空腹時に飲むのがおすすめです。
夜、食事をする30分前くらいのタイミングでサプリメントを摂取します。
肌や身体は夜寝ている間に作られるからです。
プラセンタのサプリメントは寝ている間に効果的に作用してくれるでしょう。
プラセンタの効果を最大限に得るためにもサプリメントの上手な摂取を心かげましょう。